2018年10月04日

【★2】凄麺 名古屋台湾ラーメン(カップ麺)

凄麺 名古屋台湾ラーメン(カップ麺)@2018.jpg
「凄麺 名古屋台湾ラーメン(カップ麺)」
種別:名古屋台湾ラーメン
WEBヤマダイ商品情報

   :中細麺
満足度 :★★☆☆☆
チャーシュー:なし

 2018年9月、スーパーで見つけぬ。
“名古屋台湾ラーメン”の字面に惹かれて買わない訳にはまいらなかった。


 世の中には“名古屋”で“台湾”で、しかも“まぜそば”という謎の三拍子が囃し立てられているジャンルもある中、本商品は単純に“名古屋台湾ラーメン”。1拍子少ない。だがそれとこれとは話が全く別である。

 名古屋台湾ラーメンの発祥とされている「味仙」なるお店監修のカップ麺「【★4】元祖名古屋名物台湾ラーメン」「【★5】味仙 台湾ラーメン」は非常においしかったものでありんす。お店であれば「【★4+】喜元門 本店(つくば研究学園)」とか。よって本商品についても商品としての強い訴求力が(ry


 以上は前置きでありますん(´ω`)

 熱湯4分、中細麺。ニラ、謎肉っぽいそぼろ肉、あっさりピリ辛のスープ・・・これらは想像通りの名古屋台湾ラーメンでしたですん。十分においしい。

 しかし、しかしながら、わっちだけの感じ方かもしれないけれど、香りが良くないのであります。口と鼻からその良くない香りが抜けていって、確実に味わいを損なっていると個人的には感じるですん・・・。スパイスの香りではないと思うのですが、どうなんでしょうか、他の人もこんな感じの感想持ってたりしないですん?

 麺やスープ、具材はさすがの凄麺ブランド。ベースはすごく良いと思うのですが、上述の通り“香り”が・・・。


 以上より★2といたしました。
ごちそうさまでありました。


↓凄麺恒例の「フタの裏ばなし」。
凄麺 名古屋台湾ラーメン(カップ麺)フタの裏ばなし2018.jpg






posted by まゆつば at 21:01 | Comment(0) | ■カップ麺とか
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: