<かんたんジャンル別アクセス>
ラーメンうなぎなう。カレー
うみゃああああ!中目黒先輩殿

2021年05月08日

【★5】天然うなぎ 五代目 野田岩(赤羽橋)うなぎなう×3

☆初回訪問時☆

写真:「鰻重 山吹」
種別:うな重
満足度 :★★★★★
うみゃぁ・・・
幸せ・・・
店舗住所:東京都港区東麻布1-5-4


 2014年4月、中目黒先輩とおうかがい。中目黒先輩の前途を祝す目的と保有しているうなぎ債権の行使のために予約してもらっていってきました。

【(Dr.)うな重 1食/(Cr.)うなぎ債権 1食】


 東京を代表するうなぎの老舗。最高級のうなぎ屋さんだと思います。


 大通りに面したお店に予約時間に入ると、和服姿のお店の人が別館へ案内してくれました。
別館は少し細い路地に入った落ち着いたところ。老舗感が相当漂っていますし、お店の周辺はうなぎのおいしそうな香りでもう・・・・うみゃぁ・・・

 注文は「鰻重(肝吸い・香の物・箸休め付)」の「山吹」。5段階あるうな重ランクの内の上から2番目のものを。うなぎの量が変わってくるということですん。
店員さん・・・というかみんなおかみさんに見えるのですが、和服で接客をしています。親切に話しかけてくれたりします。

 注文から20分程度で配膳されました。お吸い物とうな重と、「口直し」という大根の箸休め。
見るからに最高級のうなぎなう。お重のふたを開けてふわっとうなぎの香りが広がりましたですん〜
❀.(*´◡`*)❀.

 うなぎは身の部分がとろけるような濃厚さでほっぺた落ちそうな感じですが、そのほかの部分がほどよく歯ごたえがありたまらないおいしさですん・・・幸せ・・・うみゃぁ・・・・
 ご飯がまたあつあつですん。タレは好きにかけられるように別途持ってきてくれましたが、うなぎ自体がすごくすごくおいしいのでタレを足すのは野暮だと思います。
あと山椒も足さないで、できるだけそのまま食べるのが最高においしい食べ方ではないかと思うです。
・・・ほんとにおいしかった・・・・・・・・このために生きてるって感じですんー°+♡:.(っ>ω<c).:♡+°
再度アップでw あと上の写真をよく見てもらうと、お箸の注意書に「天然うなぎのため釣針が入っていることがあるのでご注意」的な注意書きがあっていったいどうしろとwww


食前には日本酒で乾杯です。


お品書きは一部、しかもうまく撮れなかったですん。


風格がすんごい。




☆2015年1月再訪問☆



「五代目 野田岩」
店舗:赤羽橋(本店)
写真:「鰻重 桂」
種別:うな重
WEBこちら
接客 :★★★★☆
満足度 :★★★★★
うみゃぁ・・・

店舗住所:東京都港区東麻布1-5-4[#PARTS|USER|83863#]


 なっきゃと立ち寄りぬ。本来は築地の宮川へ突撃としたいところでありましたが、ここは間違いなくうみゃぁ・・・な東京を代表する名店である盤石の布陣、野田岩本店へ!
 うなぎ債権の行使に伴う密会でありますん。
【(Dr.)うな重 1食 / (Cr.)うなぎ債権 1食】

 今回のオーダーは鰻重の最高ランクの「桂」を選択。
わっち史上、最高級の「うなぎなう」へ―。

 15分程度で着丼。香りがまた・・・
前回のうなぎよりも幾分薄くて淡泊だったような気がしますが、基本的には脂身の強いうなぎ。
たれも塩加減がやや強めの東京のうなぎ。たぶん。
 このお店は天然ウナギをうたっている関係か、季節によってうなぎの品質が異なるのかもしれませんね。前回はもっともっとふっくらしていた感じがします。お昼だったからかもしれないですし、予約していなかったからかもしれないですけどねw野田岩の本気はこんなものじゃなかったはず!www
 ★5評価は維持しますが実質的には今回は★4かもですん。前回は4月に来たのかな?そのころのうなぎだと文句なしのうみゃぁになるのかもしれないですんんんんんんんんんんんんんんんんんんんんんんn
 あと山椒はかなりしびれるのでご注意をwww
その他の詳しいレビューは下の方の初回訪問時のコメントをご参照くださいですん〜。



ケフィアです的な?www




☆2021年4月再訪問☆
天然うなぎ 五代目 野田岩(赤羽橋)鰻重(天然鰻)B202104.jpg

天然うなぎ 五代目 野田岩(赤羽橋)鰻とふかひれ入り茶碗蒸A202104.jpg

天然うなぎ 五代目 野田岩(赤羽橋)鰻巻きA202104.jpg
写真:「鰻重 天然鰻」
「鰻とふかひれ入り茶碗蒸」
「鰻巻き」
種別:うなぎなう。

接客 :★★★☆☆
満足度
「鰻重 天然鰻」:★★☆☆☆
「鰻とふかひれ入り茶碗蒸」:★★★★★
「鰻巻き」:★★★☆☆

 お仕事帰りに再訪問。
 第三次緊急事態宣言発令前のタイミングにてお伺い。繁忙期には体力をつけねばならぬ。

 当ブログの記事を読み直すに、意外と同店「野田岩」さんには来たことがあるなーと思いながら、今回は何をいただこうかと画策。

天然うなぎ 五代目 野田岩(赤羽橋)箸置き202104.jpg
 箸置きはやっぱりかわいい♡

天然うなぎ 五代目 野田岩(赤羽橋)コースター20204.jpg
 コースターもおしゃれな感じになってる?


<鰻重 天然鰻>
天然うなぎ 五代目 野田岩(赤羽橋)鰻重(天然鰻)@202104.jpg

天然うなぎ 五代目 野田岩(赤羽橋)鰻重(天然鰻)B202104.jpg

天然うなぎ 五代目 野田岩(赤羽橋)鰻重(天然鰻)A202104.jpg
 天然鰻(この日のサイズは山吹ぐらいとのこと、6,500ぐらいの価格とのこと)。
 価格とのバランス的に、★×2ぐらい・・・でしょうか(´ω`)

 20分程度で着丼。
 脂身が少なく、身が平らで薄い感じのうなぎ。天然物にしては安価な気がしたので、天然物ならではのガチャも一興でしょうか。
 身が薄いからか、タレのしょっぱみの味わいが強く出ている味わいで、ご飯が進むお味。

 ただ、やはりちょっと痩せてる感じのうなぎなう。だったかなぁと回顧す。あくまで持論ではありますが、うなぎなう。は養殖物のほうが天然物よりも安定しているのではないかと思うのであります。


<鰻とふかひれ入り茶碗蒸>
天然うなぎ 五代目 野田岩(赤羽橋)鰻とふかひれ入り茶碗蒸@202104.jpg

天然うなぎ 五代目 野田岩(赤羽橋)鰻とふかひれ入り茶碗蒸A202104.jpg

天然うなぎ 五代目 野田岩(赤羽橋)鰻とふかひれ入り茶碗蒸B202104.jpg

天然うなぎ 五代目 野田岩(赤羽橋)鰻とふかひれ入り茶碗蒸C202104.jpg
 うな重に飽き足らず、追加で発注。
 字面的にも、これぜったいおいしいやつですぜ。

 10分程度で着丼。
 見積り通りこれはうみゃああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああ!!!!

 うなぎの豊かな風味と少しだけ添えられている柚子、茶碗蒸自体の出汁のうまみが最高の調和を味あわせてくれますも!
 下の方にあるふかひれは特にいらないんじゃないかな?www
 うなぎ自体の量が少ない気がしますが、うみゃあ!なのは間違いないですも。


<鰻巻き>
天然うなぎ 五代目 野田岩(赤羽橋)鰻巻き@202104.jpg

天然うなぎ 五代目 野田岩(赤羽橋)鰻巻きA202104.jpg
 入れ物がすごい。あっつあつの囲いに囲まれておりますも。
 おいしいけれど、卵焼きがすごく濃い甘味なので、うなぎをひき立てるという感じではない気がしますも。★3ぐらいとしたいですも。


↓202104訪問時の店先等↓
天然うなぎ 五代目 野田岩(赤羽橋)お品書の一部@202104.jpg

天然うなぎ 五代目 野田岩(赤羽橋)お品書の一部A202104.jpg

天然うなぎ 五代目 野田岩(赤羽橋)店先202104.jpg

『独立食事人のお食事報告書』メイン.png署名案A.png


posted by まゆつば at 19:15 | Comment(0) | TrackBack(0) | ■その他の場所
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/184635028

この記事へのトラックバック