<かんたんジャンル別アクセス>
ラーメンうなぎなう。カレー
うみゃああああ!中目黒先輩殿

2015年07月01日

【★4】うなぎ 秋本(市ヶ谷麹町)うなぎ




「うなぎ 秋本」
店舗:市ヶ谷(麹町)
写真:「特撰 共水うなぎ」
種別:うな重
WEBこちら
接客 :★★☆☆☆
満足度 :★★★★☆
店舗住所:東京都千代田区麹町3-4-4[#PARTS|USER|110719#]

 2015年6月、往査の帰りにサロンパスセンセと立ち寄りぬ。
 現在保有しているうなぎ債権の最終行使。
<(Dr.)うな重/(Cr.)うなぎ債権>

 かねてよりの個人的なハブターミナルの市ヶ谷。この周辺はそこそこ詳しくなった気がするし、ラーメン店も結構調べて食べに来ているような気がするですん。
 しかしうなぎなう。についてはこのあたり未開拓。真実のおいしいうなぎなう。を求めてこの地を開拓ですん。

 市ヶ谷でのうなぎ債権行使にあたっては、ここ「うなぎ 秋本」さんのほかにもう一軒セレクトしていました。というのは営業時間の都合であります。秋本さんはラストオーダー平日20だそうで。

 場所的には市ヶ谷駅から坂を上って旧日テレビルを通過したあたりにありますん。麹町駅の真上といったほうがいいか。

 ・・・なんかここ見覚えがあるwwwと思ったら前職で前職の会計士センセとこのお店に入ったことがあったのを思い出したwwwこの地はいろんな思い出がありますねぇ・・・。
 お店に入ろうとして入口間違えたw

 平日の19:30頃、テーブル席数席に先客はぼちぼち。後客もぼちぼちで、お料理を持ってる間に満席になったり空いたりちらほら。

 注文は「特撰 共水うなぎ」。うな重系統のメニューで一番お高い。サロンパスセンセが真っ先にこれを指定していらっしゃるのでわたくしめも便乗しました。

 20分程度で配膳。お重が2段。うなぎとご飯が別個に配膳されるのは非常に珍しいと思いました。
 なおタレはテーブルに配置されていますので自由に使えます。

 まずはうなぎを。かなりふっくらしている柔らかうなぎなう・・・うみゃ・・・幸せだぎゃ・・・(´ω`)
タレはまさに関東のタレといったところでかなり薄口になっており、うなぎなう。そのもののふっくら感と脂身が楽しめました。本当に柔らかい。蒸し方が丁寧なのか、共水うなぎの説明書き通り、うなぎ自体の養殖方法がすばらしいのか・・・。
タレをちょっとだけで足していただくとかなりバランスのとれたお味になりましたですんんんんんんんんんんんんn

 ごはんは割かし固め。肝水は別途注文必要。

おいしかったですん。
ただ接客に結構なむらっけがあり。





『独立食事人のお食事報告書』メイン.png


posted by まゆつば at 01:36 | Comment(0) | TrackBack(0) | ■市ヶ谷周辺
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/184635065

この記事へのトラックバック