<かんたんジャンル別アクセス>
ラーメンうなぎなう。カレー
うみゃああああ!タピオカドリンク
中目黒先輩殿ブログ管理

2015年09月11日

【★4】中華ソバ 鳴門(川口)×5

<2015年9月再訪問>

「中華ソバ 鳴門」
店舗:川口
写真:「限定メニュー:粗挽き背脂ソバ 特盛」
種別:しょうゆ
WEB中華ソバ鳴門秀敏くんの気まぐれ日記

   :中細麺
接客 :★★☆☆☆
満足度 :★★★★☆
チャーシュー:いける
店舗住所:埼玉県川口市栄町2-11-19


 限定メニュー展開中とのことで立ち寄りぬ。
 なんだかんだで長く続くこのお店、足を運んでしまうですん。FBでの熱心なマーケティングにつられている感じはすれどもw

 平日13時。先客0、後客1。あいかわらず静かでよいですん。
「毎度ありがとうございます」の声から始まるのでブログ主のことは覚えているのでしょう。お客さんの顔を覚えておられるのは好印象ですん。

 席に着く間もなく限定メニュー「粗挽き背脂ソバ」をお勧めされました。しかしこれが目当てだったのでその機に乗じ、「普通のとどうちがうんですか?」と問うと、「尾道ラーメンのやつって言って通じますか?」とのこと。わっちは通じましたのでこれはいけると思い発注。特盛(2玉、+¥200)でw
 尾道ラーメンの背脂は、確かしょうゆベースのスープに確かに背脂の甘みが活きた感じのスープでした気がするます。

 割とこのお店にしては早く、10分もたたずに着丼。
見た目はなんというか標準メニューの「中華ソバ」の右のように脂っぽいつぶつぶが、そぼろ肉のようにトッピングされている感じですん。「粗挽き」の「背脂」というのがいかんせんイメージできなかったのですが、こういうものですか。けっこう新しい概念?

 スープと一緒に粗挽き背脂を。
これは・・・!非常にバランスがとれたお味に仕上がっていると思います。
通常の中華ソバは、魚介系というか「煮干し」の苦味が鋭角に主張する感じのある意味でバランスの悪い感じで、味の深みがあまり感じられないようななんというか、麺も全体の中で浮いてしまっている感じがすることで、多めの発注にした場合に最後の方で味に飽きてくる感覚を覚えたものですが、この粗挽き背脂と煮干ししょうゆスープの相性は相当いいのではないでしょうか。
 煮干しの鋭角な苦みを、粗挽き背脂の甘みとときどき感じられる塩味が緩和し、味に深みが出ているし、脂がスープに多い分麺とのからみも通常メニューの中華ソバより相当レベルアップさせている感じがしました。

 これ通常メニューにすべきなんじゃ・・・?www
(と店主に伝えても限定メニューにしたそうな感じでしたω なんでも創業当時は通常メニューだったとか。)


 ここまで味はすごくいいと書いておきながら接客を★2にしているのは理由があって、この店主さんは親切な人で丁寧なのかもしれないけども、一般客がいるのに露骨に内輪客と慣れ合ってくっちゃべってるし、その内容も「今日何食出てこれじゃしょうがないよ」「今日はたくさんでて大変だったよ、××円ぐらいいった」的な生々しい会話を惜しげもなくやってるので確実に不快。
なんか違和感のある不快感が残るんですよ・・・「粗挽き背脂ソバ」、おいしかったのにひどく惜しい。



<初回訪問時>

「中華ソバ 鳴門」
店舗:川口
写真:「中華ソバ 煮玉子トッピング+大盛」
種別:しょうゆ

   :中細麺
接客 :★★★☆☆
満足度 :★★★☆☆
チャーシュー:いける

 2015年2月、立ち寄りぬ。
最近FBでよく見かけて、空腹に耐えきれず立ち寄りぬ。この場所に何かお店があったのは記憶していましたが、しっかりとしたラーメン屋さんになっていたとは。

 18時ごろ、お店に入ると先客はなし。マスターが親切に接客してくれました。とっても親切です。行けばわかります❀.(*´◡`*)❀.

 FBでお店のマスターに聞いてみると、まずは店名にもなっている「中華ソバ」の醤油スープ+煮玉子がおすすめですとのこと。これがこのお店の主力メニューなのでしょう。

■注文はオーダー制。

 注文から10分程度で着丼。見た目は本当に中華そば。
まずはスープを一口。一口目の印象は「魚介系の特徴的な苦みが効いているな」という感じ。これはつかみはばっちりですん。いい「苦み」が効いています。
 しばらくスープを味わっているとこの苦みは消えていき、鶏がらしょうゆの中華そばらしいスープの味わいになっていきました。最初の苦み、これはつかみとして抜群です。

 トッピングの煮玉子。とろとろですん。お箸でつかむと中身がとろとろ出てきちゃうぐらい。優しい味付でほんのりおいしかったですん。

 ネギ、のり、メンマ、なるとは一般的。

 麺はどうもほかの方の記事を見て回っていると「タピオカ澱粉」?が練り込まれていると?これは味わい上はよくわかりませんでした。感想としては普通の「中華麺」。スープの完成度との差が目立つ感じだと個人的には思いました。麺がおしいと思ったですん。麺がもうちょいこう、スープとなじんでもちもちしてくれるとすごく相性がいい感じがするんですが、おしい気がするでっすんんんんんんんんn

 総じておいしかったですん。このレベルのお店がこのエリアにもっと増えてほしい。
また近くにいきましたら今度は別のメニューをば(´ω`)

☆2015年2月再訪問☆

写真:「中華ソバ塩 煮玉子トッピング+大盛」
種別:しお

   :中細麺
満足度 :★★★☆☆

 このお店、醤油と塩の2種類勝負の模様(ほかにあったらすみません)。
 開拓せざるを得ないということで衝動に駆られ、おとといぶりに立ち寄りぬ。

 平日17:30頃。先客後客なし。休日の同じ時間帯もこんな感じだけどちょっと心配になっちゃいます・・・というのは置いといて・・・;
 先に記録しておくと、食べログとかに書いてないみたいですが、木曜日が定休日のようです(2015/02現在)。

 塩をオーダー。煮玉子おすすめですよ、とあとでマスターがすすめてきたので「ではお願いします」とwww
確かにとろとろでおいしいんですがwww

 10分強で着丼。トッピングは写真の通りですん。
味的にはたぶんにぼしの苦みの効いた、割と本当に「塩味」の塩ラーメン。塩ラーメンというとコンソメっぽいのが多い印象ですが、このお店のは本当に塩味のラーメン。シンプルでストレートですん。
 苦みがアクセントではあるけども。やはり醤油の方が勝負メニューか。


☆2015年4月再訪問☆

写真:「辛中華 大盛」
種別:しょうゆ

   :中細麺
満足度 :★★★☆☆

 FBにて、毎日のように御主人が投稿しまくっているので、空腹絶望先生のわっち的には行きたくて仕方なかったので向かいぬ。

 お昼の部は11:30〜らしいのでその付近に向かいぬ。11:30ぴったりに行くと店主様が準備中。ちょいとフライングだったですん。

 行く前から注文するものは決まっていたですん。「辛中華」。しょうゆも塩も食べてみたので次はこれしかない。しょうゆベースの中華そばを辛くするというのがどのようなものかも気になりぬ。これしかあるまい。
 大盛にせぬ。
ちな、大盛+¥100は1.5玉、特盛+¥200は2玉らしい。

 20分程度で着丼。店主様、「お待たせしてすみません」を連発していましたが大丈夫ですんω

 一口目のスープの印象は、「辛いながらもやや酸味のあるしょうゆ味」という感じ。
通常の中華そばにある魚介、というかにぼしの苦みはほぼないですん。
この辛みはいったい何で構成されているのだろうか・・・?独自の香辛料が調合されているのでしょうか。スープに粉っぽさがあるのできっと唐辛子とかいろいろ工夫されて混ぜ込まれているに違いない。工夫の跡が感じられる味わいですん。

 麺と具材はコメント割愛。

 スープほぼぜんぶいただきました。ごちそうさまでしたですんんんんんんんんんんんんんんn
あと、店主様、けっこうテンパっていらっしゃるような感じですんw
若干注文間違ってたりwご愛嬌ですねw

☆2015年6月再訪問☆

写真:「つけ麺 特盛」
種別:しょうゆ

   :太麺
満足度 :★★☆☆☆

 小雨の中立ち寄りぬ。
 なんというか時折食べたくなるです。

 メニューでまだ食べてみたことのないつけ麺をオーダー。
麺は中華そばと異なる太麺。あつもりを発注してみたですが「くっついて食えないっすよ?」などと何度か言われた。それでもいいのであつもりとしたです。

 スープは魚介しょうゆ。中華そば程のニボシの苦味がなく、逆にいえば良さが消えてしまっている。変な甘さがあって、んー・・・。

 このお店の中華そばはそこそこだと思うのですが、つけ麺にせよ中華そばにせよ、「麺」が決定的に良くないと思うです。

 中華そばがメインメニューといったところでしょうか。









『独立食事人のお食事報告書』メイン.png


posted by まゆつば at 22:14 | Comment(0) | TrackBack(0) | ■川口周辺
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/184635088

この記事へのトラックバック