<かんたんジャンル別アクセス>
ラーメンうなぎなう。カレー
うみゃああああ!中目黒先輩殿

2016年05月22日

【★5】(2/6)アジアンダイニング キッチンキング(川口)エスニックカレー等

まさかの文字数オーバーのため記事分割していますm9(・ω<)b


■記事内容
@〜F:アジアンダイニング キッチンキング(1/6)
G「チキンほうれん草 中辛」「サモサ」
H「トムヤムフォーガ」「ベジタブルスープ」
I「チキンティッカ 中辛」
J「マトンマサラ 辛口」
K「アルゴビ 辛口」「モモ」
L「マトン・ド・ピヤザ 辛口」「チキンパコダ」
M「キーママトル 中辛」「フィッシュティッカ」
N〜S:アジアンダイニング キッチンキング(3/6)
㉑〜㉙:アジアンダイニング キッチンキング(4/6)
㉚〜㊵:アジアンダイニング キッチンキング(5/6)
㊶〜アジアンダイニング キッチンキング(6/6) それ以降:アジアンダイニング キッチンキング(2018)それ以降:アジアンダイニング キッチンキング(2018)

☆G2016年1月再訪問☆





写真
「チキンほうれん草 中辛」
「サモサ」
種別:エスニックカレー&鶏肉料理
満足度
「チキンほうれん草 中辛」:★★★☆☆
「サモサ」:★★★★☆
店舗住所:埼玉県川口市幸町1-12-23 コートハウス 1F[#PARTS|USER|112040#]

 また来てしまった・・・w
気が付くと足を運んでいる。まさに中毒だがねえええ

 同店、休日の夕ご飯時となるとけっこう繁盛しているですん。この調子で繁盛し続けてほしいですんんn

<チキンほうれん草 中辛>
 お店の説明文は「鶏肉とほうれん草のカレー」。このそのまま感がすばらしいω

 実際に運ばれてきて、相当緑色をしてるですん(´ω`)
まさにほうれん草という感じがするぞ、いいぞいいぞ、こういうのがいいんだよなぁ()

 いただきます。
カレーの辛さは今回「中辛」にしてあるのであまり主張せず(とはいえ中辛でも結構辛いw)、クリーム(バター?)の甘みとほうれん草のほのかな苦みが効いたお味ですんんn。
 ほうれん草自体は形が残っていないです。カレースープに一体化しているですん。ほうれん草を粉々にしてカレースープと一緒に煮込んでいる、そんなカレーですんnm9(・ω<)b

 チキンは噛むほどに味が染み出るうみゃああなチキン。柔らかいしさすがといえる相当な上質チキンですん。

 しかし総じて☆×3なのは以下の理由に依りますんんん
・ほうれん草とカレーが若干不協和音?な感じがするですん。好みによると思いますが個人的には不協和音な感じかな?苦みはともかくほうれん草ほうれん草した生っぽいと表現すべきか否かちょっと表現に困りますがw
・食べ終わった帰りの口の中が完全にほうれん草の風味で支配されている点w
いうなれば、似たシチュエーションを表現するならば、「ほうれん草系の野菜ジュースを飲み終わった後」のような口の中の感じw
好きな人は好きかもしれませんがちょっとほうれん草しすぎている気がしましたw
 健康には良さそうな感じですねぇ(´ω`)


<サモサ>
 お店の説明文は「じゃがいもや豆類をカレー風味に味付してフライにしました。ホクホクとした食感でボリュームたっぷり」。
 やたら流暢だなwワロスw


 とはいえ運ばれてきて、フォークでつっついてみるとけっこう固い。あつあつの温度感が伝わってくるっっ

 中身はこんな感じ。

カレー味のじゃがいもフライですん(´ω`)
他にもクミン先輩も含め、スパイス系やその他の豆類がごろごろ入っているお料理でした。
カレー風味はカレー粉の味ですん。辛さはやや、微妙に、気持ち程度に辛さを感じるぐらいですん。
おいしかぁ・・・!あと揚げている衣、これが甘くておいしい(´ω`) ナンの生地なのかな?おいしかばい・・・!

 ごちそうさまでした。
メニューをだいぶ開拓できてきた感じですんんんn
個人的にはほうれん草系はちょっと遠慮しとこうかな?w

☆H2016年1月再訪問☆





写真
「トムヤムフォーガ」
「ベジタブルスープ」
種別:トムヤムクン&スープ
満足度
「トムヤムフォーガ」:★★★★☆
「ベジタブルスープ」:★★★★★

 また来てしまったω
 週に2〜3回のペースである。後悔はないw

 
<トムヤムフォーガ>
 お店の説明文は「トムヤムクンのスープにフォーを入れたベトナム料理」。
 アジアンダイニングの真骨頂として東南アジア系のお料理を取りそろえているキッチンキング、トムヤムクンも取りそろえている。
そしてトムヤムクンにフォーを投入するという、すばらしいメニューをありがとう(`・ω・´)ゞ

 ・・・ところで、フォーカレーのときにも書いた「「フォーガ」というのは「フォー」の誤植なのか?」に関してですが、どうもネットで調べてみると「フォー」は米粉麺、「ガ」というよりも「ガー」というは鶏肉を意味しているらしい。つまり「フォーガ」、ないし「フォーガー」とは鶏肉入りのフォーのことを指す模様。

 「トムヤムフォーガ」とはすなわち、トムヤムクンにフォー及びガーを投入したものではないかとの推理のもと、これを発注。
 20分程度で着丼。お店の人が「パクチー、ダイジョブデスカ?」と聞いてきたので「お、トムヤムクンのスープにパクチーも入っているのか」と思い、「大丈夫ですん」と答えると、お皿に入れてパクチーを持って来てくれてしまいましたw そういう意味だったのか、すみません。

 わっち的にはなんのそのですが、ボリュームはそこそこあります。
あつあつのトムヤムクンスープをまずは一口いただきます。

 これは・・・!
そもそもトムヤムクン自体を食べる機会があまりないわけですが、以前「ティーヌン」@市ヶ谷で食べた「トムヤムラーメン」がすっぱすぎていまいちだったのが強烈で、事前の期待ハードルはあまり高くなかったのですが、キッチンキングのトムヤムクンは文字通り一味違った(´ω`)

 すっぱさは強烈すぎず、辛さも辛すぎない絶妙なバランスのトムヤムクン。いただくほどに旨みを感じるようになるスープ。
具材である春菊?やyタマネギが、この高品質なトムヤムクンに絶妙にマッチしているですんn°+♡:.(っ>ω<c).:♡

 あとエビがいっぱい入っているw
エビとはw
ネットで調べると、トム、ヤム、クンはそれぞれ「煮る」「混ぜる」「エビ」の意味を持っているらしい。よって、エビが入っていない場合は「トムヤム」が正しいようだ。トムヤムクンはその名前からエビを投じたトムヤムスープを指すらしい。なるほど・・・。

 タイの本場のトムヤムクンとか本物のトムヤムクンを食べたことはないですが、きっとこのレベルがトムヤムクンなのでしょう。高品質ですん。

 麺はフォー。米粉麺。フォーカレーのときはスープに入っていなかったフォー。やはりスープものに投入されてこそ、「フォー」の本領ガ発揮されようモン。

 すっぱ辛いトムヤムスープともちもちの米粉麺、しっかりからみあいます。米粉麺のほどよい甘みとすっぱ辛いスープが実によく合いました。相性がこんなに良いとは。

 そんな感じで食べ進め、フォーを食べ終えて、のこったトムヤムスープを味わっていると、本当にたくさんのスパイスが投じられていることに驚かされます。
 すんごくたくさんのスパイスを投じ、手塩をかけて調理されているのでしょう。
バリっとした食感に近い?ものをかじった時に、なんとなくバナナっぽいフルーティーな風味が口いっぱいに広がったスパイスもありました。バナナ?バナナの枝かなにか入っているのかな?すげぇっす・・感動っす・・

 とてもよかったですん(´ω`)
しかしところで「トムヤムフォーガ」の「ガー」、鶏肉はなかったように思いますがこれ如何にw
単独の「フォーガ」がメニューにありますが、こちらの方は鶏肉が投じられているのでしょうか?w

とすると「トムヤムフォーガ」は「トムヤムフォー」が正しい表記なのかも・・・wわかんなくなってきたw

 ベトナム料理とタイ料理のハイブリッド・フォー。おいしかった。

<ベジタブルスープ>
 お店の説明文は「体が温まる野菜のスープ」。
スープものにスープものを合わせに行く、それがまゆつばスタイル。

 思えば、キッチンキングに初めて行ったときに「チキンスープ」を注文した記憶が新しい。いや、実際新しい記憶なんですけどねwwかなりの頻度で通っているのでずいぶん昔のことのように感じますがw
 あれはおいしかった。

 ベジタブルスープはどんな感じなのだろう?と期待が膨らむ。

 実際のベジタブルスープは、スープのベースはチキンスープと同じものでしたですん。つまりバターを溶かしたような、そうじゃないような、塩味の効いた、まろやかでありコクもあるけどしつこくない、実はあっさりしたおいしいスープでした。うみゃあ

 でも予想よりベジタブル感はなかったw
野菜はかなり細かく粉砕されており、確認できたベジタブルはニンジン、ネギ、カリフラワー?その他と言ったところでしょうか。野菜がごろごろ入っているというイメージは持たないほうがいいでしょう。あとはハムのようなお肉が刻んで入っている感じ。あまりベジタブル感はないので個人的にはチキンスープのほうがよさそうです。でもおいしいんですよ・・・!

 以上本日のキッチンキングでした(`・ω・´)ゞ
ほんとに中毒、毎日のように通っているw

☆I2016年1月再訪問☆



写真:「チキンティッカマサラ 中辛」
種別:カレー(マサラ)
満足度 :★★★★★
うみゃああ!

 また立ち寄りぬ。
 お店の人の開口一番は「ヒサシブリ」w
いや3日ぶりぐらいなんですけどw

 今回は中辛で味を楽しむ方向で(`・ω・´)ゞ
いっつも楽しんでるんですけどね(´ω`)

 マサラとはカレーよりも多くのスパイスが混ぜ込まれたものを指すらしい。
マサラとカレーがそのような関係にあったとは。

 トマトとゆでたまご、そしてカレーの中にはチキンティッカ!見た目がとてにきれいですん。
カレー自体は本当にたくさんのスパイスが入りまくっているですん。爽やかさが結構強い。
そしてチキンティッカ、あの爽やかなスパイスの風味がスパイスの効いた程よい中辛のマサラにしっかりマッチしているですん・・・うみゃあ・・

 チキンティッカとマサラの相性が抜群ですん。チキンティッカのコメントは1つ目の記事をご参照ω
 あとトマトとの相性もさすがといったところ。トマト入りのは「バターチキン」の記事でちょっとすっぱすぎる所かとは思いましたがトッピングトマトはいけます!

 次回は何にしようかな・(`・ω・´)

☆J2016年1月再訪問☆



写真:「マトンマサラ 中辛」
種別:カレー(マサラ)
満足度 :★★★★★
うみゃあああ!

 1週間ぶりぐらいに立ち寄りぬ。
 いつもの店員さんではなかった。しかし日本人ではない。流暢な日本語が心地よい接客を演出する。

 発注はマトンマサラの辛口。中辛を最近は志向していたものの、やはりカレーは辛くてナンボだと思えるのでお腹に来るのを描く越え味を選んだ結果でありますん。

 あと、これは「カレー」ではなく「マサラ」である。以前の記事にてWikiで調べたらマサラの方がスパイスをふんだんに「混ぜた」食べ物であることが明らかとなったため、マサラにてスパイスたっぷりの香味料理をいただこうというわけである。

 お味はさすがのうみゃあああ!
 おいしいお料理は見た目も美しいものであります。
ゆでたまごがしっかり味付けされて、カットされて美しくトッピングされているですんんn
 マサラの中にも「なんだこれ?」と思う食べ物が入っていましたが、ゆでたまごの白身でしたw煮込まれていていろが白くなかったので気が付かなかったw うみゃぁとですん・・・!

 マトン、すなわち羊さんのお肉も可能な限り柔らかく煮込まれているのだと思われ、噛むごとに羊さん独特の風味とうまみがマサラと混ざり絶妙ですん。

 しかしやはり辛口はけっこう辛いw
普通の人は中辛で行くといいかもですん(`・ω・´)ゞ

 キッチンキングで個人的に一番のおすすめはこの「マトンマサラ」かはたまた「マトンララ」か、現時点ではトップ争いを繰り広げているですんんんn
 どっちもマトン。羊さん。

 井之頭氏の言葉を思い出す。
−「俺は今、狼なんだ」・・・。

☆K2016年1月再訪問☆





写真
「アルゴビ 辛口」
「モモ」
種別:ベジタブルカレー&ネパール餃子
満足度
「アルゴビ」:★★★★★
「モモ」:★★★☆☆
うみゃああ!!

 前回の訪問から1週間以上間が空いてしまった。
 しかたがない。私もいろいろ忙しい。

 しかしキッチンキングへの迸る執着心は決して滅失してはいない。
今日も今日とてキッチンキングなぅ。

 本日の発注は「アルゴビ」と「モモ」。

 まずはモモが到着ですん。
<モモ>
 お店の説明文は「ネパールの丸い蒸し餃子、ネパールでは大人も子供も大好きな品」。
Wikiさんによれば実はチベット料理であるとされており、これがネパールまで行きわたってモモ、ネパール料理としての知名度が高まったものだそうな。

 井之頭氏の孤独のグルメで以前紹介されていたのでいつかは食べてみたいと思っていたですん。
中はこんな感じ。


 鶏肉?なのか否かは定かではないけれど、胡椒風のスパイスが効いた肉餃子ですん。肉汁がじわ〜ですん(´ω`)

 まさにネパールって感じがする。

<アルゴビ 辛口>
 お店の説明文は「じゃがいもとカリフラワーのカレー」。
実に興味深いじゃないですか。以前「ミックスベジタブル」かなにかを食べてみたときにカリフラワーらしき野菜が入っていてかな〜りおいしかったのでアルゴビを発注ですん。

 カレーソース自体はやや酸味のあるもので、カリフラワーとじゃがいもがゴロゴロ入っています。
じゃがいももカリフラワーもいずれもカレーでじっくり煮込まれていると思われ、味がじんわりしみこんでおり、どちらも噛むほどに旨みが口いっぱいに広がりますん(´ω`)

 カリフラワーってブロッコリーとはまったく異なる味わいなんですね。カレーの味がしみこんで、まったく味を損なうことのない絶妙なマッチング。

 オヌヌメの一品です。

 そろそろシーフード系以外のカレーは発注し尽くしてきましたねぇ(・へ・)
次は何にしようかしら.(*´◡`*).

☆L2016年2月再訪問☆







写真
「マトン・ド・ピヤザ 辛口」
「チキンパコダ」
種別:野菜マトンカレー(マサラ)&インドチキン天ぷら
満足度
「マトン・ド・ピヤザ」:★★★★★
「チキンパコダ」:★★★★☆+
うみゃああ!!

 毎週の楽しみになっているます。
 同店、本当においしいので通ってしまうw
 そろそろメニューも万策尽きてきた(シーフード系は全く食べていないけども)ところですが、今回の発注も開拓前線フロンティア。
<マトン・ド・ピヤザ 辛口>
 お店の説明文は」「トマト、玉ねぎ、ピーマン、をふんだんに使ったスパイシーな羊肉のカレー」。
説明通り、特に玉ねぎの¥がザクザク入っているです。
カレー自体が非常に辛いのと、この玉ねぎのザクザク甘い味わい・・・・
 これは思った通りだ、実に辛いカレーには甘みのある野菜が合う。正解であるます(・へ・)
 ピーマンも同様に苦みとカレーの辛さが実に良く合います。
ピーマンも玉ねぎも、トロトロに煮込まれているわけではありません。
それぞれしっかり歯ごたえが残る感じでちょうどよく煮込まれています。さすがですん。

 そしてマトン、羊肉ですが、本当にもうね、、、、、、、、、
うみゃあああ!!
 カレーの味わいと、噛むごとに羊肉のうまみが神合わさっていくこの感じはたまらないですんんn

 マトンカレー、いいぞいいぞ、こういうのが当たりなんだよなぁ(井之頭氏風)。

<チキンパコダ>
 お店の説明文は「鶏肉のインド風天ぷら」。
天ぷらなのねwwww

 イメージは、ナンのような記事でくるまれた、カレー粉で味付したチキンを油で揚げた感じ。
衣が独特で、噛むほどに甘みが感じられたからやっぱりナンの生地に近いんだと思う。

 チキンは柔らかく、カレー粉っぽい風味が素朴な美味しさを奏でていましたですん。
備え付けのケチャップを付けてもみましたが、個人的にはそのままサクサクいただくべきと存じますんn

 これもレベルが高いです。おいしい。

 次回は何にしようかなぁ・・・・(最近このコメントで記事を占めている感じがするω)
お店の外観をもう少し遠くから。完全にローカルですよw


☆M2016年2月再訪問☆





写真
「キーママトル 中辛」
「フィッシュティッカ」
種別:チキンキーマカレー&タンドリーフィッシュ
満足度
「キーママトル 中辛」:★★★★★
「フィッシュティッカ」:★★★★★
うみゃあああ!!

 毎週の楽しみになってるます。
 この日は以下の内容で発注ですんんn
<キーママトル 中辛>
 お店の説明文は「鶏ひき肉と豆のカレー」。
文字通り。カレー自体はそぼろ状の鶏にひき肉がふんだんに盛込まれたキーマカレーですん。
「辛口」ではなく「中辛」にしたのは、以前にキーマカレー系統のメニューを発注したときに、「辛口」レベルのキーマカレーがかな〜〜〜〜〜〜っり辛かったのでちょいとチキりました。チキンキーマカレーだけにm9(・ω<)b

 ・・・豆のカレーということで、入っている豆はグリーンピースでしょう。
カレーとの相性も抜群、うまい。これこれ、こういうのでいいんだよなぁ❀.(*´◡`*)❀.

<フィッシュティッカ>
 お店の説明文は「魚をスパイスに漬込んで焼いたもの」。
発注から着丼までこの日は40分程度かかりました。このフィッシュティッカ、相当手が込んでいると思われます。

 初見で思ったのは、「こんな大きな焼き魚、見たことないぞ」ですんwww
1ピースのフィッシュがでっかいですんwwww

 中身は白身魚。フォークで切って、いただきます。
味わいは酸味と塩味の強まった「Iチキンティッカ」。フィッシュ専用にスパイスが調合されているらしい。

 お店の人に「これは何のお魚なんですか?」と尋ねたところ、流暢に「マグロです。日本の。日本の魚が一番おいしいですね。」と。
・・・・・マグロ!?

 まじすか、どうりでこんな大きな焼き魚は見たことがないと思ったわけですん。
あとすんなり、なまぐささも皆無で、あっさりほくほくいただけたのも日本のマグロならではなのでしょうか?

 店員さん、その後も流暢にこう続けました。
「チキンティッカより高いね、卸値が高いからね」とw
なるほどですんwwwwでも手の込みようからしても納得の値段。絶対値としては高いけれども、味との比較で十分釣り合っていると思います。
うみゃぁ・・・!

 そろそろ相当な割合でメニューを制覇できてきたのではなかろうかもん?(´ω`)
文字数調整不能のためメニュー等は前後の記事にてご覧くださいですんんんんn|´・ω・`)

『独立食事人のお食事報告書』メイン.png


posted by まゆつば at 21:28 | Comment(0) | TrackBack(0) | ■キッチンキング
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/184635139

この記事へのトラックバック