<かんたんジャンル別アクセス>
ラーメンうなぎなう。カレー
うみゃああああ!中目黒先輩殿

2021年01月11日

【★5】宮川本廛 赤坂宮川(赤坂/溜池山王)うなぎなう。

宮川本廛(赤坂/溜池山王)共水うな重(一尾半)A202101.jpg
「宮川本廛 赤坂宮川」
店舗:赤坂/溜池山王
写真:「共水うな重(一尾半)」
種別:うなぎなう。
WEB公式サイト

接客 :★★★★+
満足度 :★★★★★
うみゃああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああ!!!!
店舗住所:東京都港区赤坂5-4-13 ホワイト赤坂ビル1F


 2021年1月、訪れぬ。
 本年初うなぎなう。

 本年初うなぎなう。も、うみゃああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああ!!!!から始まったのだと記述しなければならないだろう。

 WE ARE UMYAAAAAED !!


 大事を為すには栄養が必要である。
 すなわち、うなぎなう。が必要である。

 WE NEED UNAGI NOW !!


 「宮川本廛」となると、当ブログでは「宮川本廛(築地新富町)」が本丸ではないかと思われますが、他にも「鰻・鳥料理 日本橋 宮川(三越前)」がありますん。

 同店「宮川本廛 赤坂宮川」、店員さんに訊いてみると、築地の暖簾分けであるとのことでありますん。
宮川本廛(赤坂/溜池山王)お箸202101.jpg


 着席すると、お品書の本の他に、以下のものが。
宮川本廛(赤坂/溜池山王)幻のブランド鰻 共水メニュー202101.jpg
 ・・・“幻のブランド鰻 共水”?
「静岡県大井川、南アルプスの雪解け水と豊かな自然で育まれた日本最高峰の鰻」と記述されている。
店員さんにこれはどういう鰻なんですか?と尋ねると、「天然物に近い養殖、幻のブランド鰻です」のだそうですん(´ω`)
「築地のお店では見ませんでしたね」と返すと、「暖簾分けのため築地のことはわからないが、赤坂では提供している」とのこと。

 ほう。
 私のゴーストが囁くのだ。これを発注せよ、と。

 というわけで今晩、私がいただくのは「共水うな重 一尾半」です。
 お時間かかります、とのこと。

 着丼までに調べたところ、株式会社共水というところが生産者なのではないかと思われるのでありますん。共水うなぎのブランドサイトがあったですんw 「うなぎ達は頑張って成長中です。」ってwww
 「共水うなぎの特徴」として、「天然鰻にしかない甘い香りと味を養殖鰻で唯一もたせることに成功しました。栄養価の高い脂は体組織のなんと25%も占めていますが、しつこさは全く感じられません。これは、共水うなぎの脂肪分に高度不飽和脂肪酸(DHAやEPAなど)が大変多く含まれているからだと考えられています。魚肉は、はじけそうに厚く又脂肪の層が全体に広がっているので、口の中でとろける感じがします。他の一般養殖鰻にはない本物の味・風味・舌ざわりが堪能できると思います。」とのこと。

 40分程度で着丼。
<共水うな重 一尾半>
宮川本廛(赤坂/溜池山王)共水うな重(一尾半)@202101.jpg

宮川本廛(赤坂/溜池山王)共水うな重(一尾半)A202101.jpg

宮川本廛(赤坂/溜池山王)共水うな重(一尾半)B202101.jpg
 わはぁ、つやつやのうなぎなう。が広がっております。
 フタを開けた瞬間に、他のどこのお店よりも香り高いうなぎなう。のおいしそうな優しいねっとりとした香りが拡散されるのであります;;;;;;

 いやね、正直ね、写真など撮っている場合ではないのですよ。ブログマジめんd(ry


 ふっくらしており肉厚で、もっちりねっとりとしたふくよかな弾力。
 脂身がしつこくなく甘みがあり、すっきりしたあまり主張しないタレ。

 追加のタレも供されているので試してみたものの、本当にすっきりとしたタレであり、逆に言えば薄い。これは「宮川本廛(築地新富町)」でも同じような感想だった気がするようなないような。なお、山椒はあえて試さなかったですん。
宮川本廛(赤坂/溜池山王)配膳された調味料202101.jpg

 しかしながら、タレを追加してみた一切れとそれ以外ではうなぎ自体のうまみの発現が段違いであることに気が付いたのである。“共水うなぎ”とやらは、どうやら鰻自体の旨味を味わうべき逸品であるらしい。本件うなぎはうなぎ自体の味が一番重要な要素になっていると思われるのであるん。タレは添えるだけ・・・それが最適解。上述の共水ブランドの説明通りの甘い香りと味が、幸福グラフィティを惜しみなく演出しているのでありますん。

 ・・・ふ。どうやらとうとう、ブログ主も“気が付いた側の男”になったということに違いない。
 素晴らしきこと限りなし。はいはい、気が付いちゃった子はどんどん、しまっちゃおうね〜。


 定型句を記述することすら忘れかけてしまったので、ここらへんで再度投下しておきたい。
うみゃああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああ!!!!


 ああ・・・なんて甘美なうなぎなう。・・・。
 最高みが深い食体験となりました。

 鰻柱として今年もうなぎなう。街道を阿吽の呼吸で突き進んでまいります。
 ごちそうさまでした。
宮川本廛(赤坂/溜池山王)共水うな重(一尾半)C202101.jpg


↓202101時点の各種写真↓
宮川本廛(赤坂/溜池山王)お品書202101.jpg

宮川本廛(赤坂/溜池山王)名刺表202101.jpg

宮川本廛(赤坂/溜池山王)パンフレット202101.jpg

宮川本廛(赤坂/溜池山王)店先A202101.jpg

宮川本廛(赤坂/溜池山王)店先@202101.jpg

『独立食事人のお食事報告書』メイン.png署名案A.png


posted by まゆつば at 01:30 | Comment(0) | ■永田町〜国会議事堂前周辺
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。