<かんたんジャンル別アクセス>
ラーメンうなぎなう。カレー
うみゃああああ!中目黒先輩殿

2021年05月20日

【★4】ロイヤルインディアンダイニング(六本木一丁目)インド料理×2+

ロイヤルインディアンダイニング(六本木一丁目)チキンカレー202101.jpg
↑チキンカレー

ロイヤルインディアンダイニング(六本木一丁目)チキンティッカ202101.jpg
↑チキンティッカ

「ロイヤルインディアンダイニング」
店舗:六本木一丁目
写真:上記参照ですん(´ω`)
種別:インドカレー等
WEB公式サイト泉ガーデンタワーショップリスト

接客 :★★★★★
┗すごく親切な接客でした!
満足度
チキンカレー:★★★☆☆
チキンティッカ:★★★★☆
店舗住所:東京都港区六本木1−6−1 イズミガーデンタワー3F


 2021年1月、夜ご飯に訪れぬ。

 六本木一丁目駅直結の泉ガーデンタワーのテナント案内版にて、いつも「インド料理屋さんがありそうな雰囲気?」を感じ取っていながらその場所を特定できずにいたのであります。

 ようやく重い腰を上げて開拓を執行す。

 少々迷いましたが、駅のエスカレーター近くにありましたw
 店内は思っていたよりも広くて開放的で、高級感のあるお店でした。


 最初は何にしようかと迷ったところ、オーソドックスに行こうと決めたのであります。

<チキンカレーとイエローライス>
ロイヤルインディアンダイニング(六本木一丁目)チキンカレー202101.jpg

ロイヤルインディアンダイニング(六本木一丁目)イエローライス202101.jpg
 辛さの指定をしていない普通の辛さと思われます。タブンネw
 思ったよりマイルドであり、かつエスニックのチキンカレーはトマトっぽいことがあるかと予想していましたがそんなことはなく、ショウガ、バジル?、バランスの良い感じに日本人好みに調整されたカレーかなと思います。
 ある意味で普通のカレーに近い・・・かもしれないかな?(´ω`)
 メニューに「グリーンピースで煮込んだチキン」と書かれていましたが、グリーンピースっぽさはあんまりというかほぼ感じられなかった気がします。

 チキンは、でっかいのがたっぷり入っていました。でっかいですがかたさはなく、かといって柔らかすぎない絶妙な噛み応えの上質なチキン。

 ライス、次回はジーラライスが楽しみであります。

 これはぜひとも再訪問して他のカレーをいただいてみたい。特にマトンドピアザ。これはおなじみキッチンキングでも大変おいしみの深い逸品であったため、楽しみであります。


<チキンティッカ>
ロイヤルインディアンダイニング(六本木一丁目)チキンティッカ202101.jpg
 鉄板に乗ってくるかと思いましたが、普通のお皿に盛り付けられております(`・ω・´)ゞ

 チキンカレーに入っているチキン同様、でっかいながらかたくなく、柔らかすぎず、味わいも絶妙なしょっぱさが中まで染みている高品質な逸品だと思います(´ω`)


<マンゴーラッシー>
ロイヤルインディアンダイニング(六本木一丁目)マンゴーラッシー202101.jpg
 マンゴーラッシー、他にはない濃厚なとろみとマンゴーの果実自体がすばらしいさわやかラッシー。

 接客★5!
 インド人?らしき感じの店員さんは、愛想がよくて気持ちのいい接客でした!
 エスニックのお店の店員さんって、どことなく不愛想なイメージが強かったのですが、さすがは六本木でしょうか。


 総じてすごくよかったです。早く同店を見つけていればよかった。。。
 再訪問不可避。
 ごちそうさまでした。

☆2021年4〜5月再訪問☆
ロイヤルインディアンダイニング(六本木一丁目)フィッシュティッカ@202104.jpg
↑「フィッシュティッカ」

ロイヤルインディアンダイニング(六本木一丁目)ジーラライス202104.jpg
↑「ジーラライス」

ロイヤルインディアンダイニング(六本木一丁目)マトンドピアザ 中辛@202104.jpg
↑「マトンドピアザ 中辛」

ロイヤルインディアンダイニング(六本木一丁目)ブナマトン 中辛202104.jpg
↑「ブナマトン 中辛」

ロイヤルインディアンダイニング(六本木一丁目)ラムビリヤニ@202105.jpg
↑「ラムビリヤニ」

ロイヤルインディアンダイニング(六本木一丁目)ビリヤニ付属のライタ202105.jpg
↑「ライタ」

ロイヤルインディアンダイニング(六本木一丁目)ヌアリカバブ@202105.jpg
↑「ヌアリカバブ」

ロイヤルインディアンダイニング(六本木一丁目)カダイパニール 中辛@202105.jpg
↑「カダイパニール 中辛」

ロイヤルインディアンダイニング(六本木一丁目)カシミリナン@202105.jpg
↑「カシミリナン」

ロイヤルインディアンダイニング(六本木一丁目)バターナン@202105.jpg
↑「バターナン」
写真:それぞれ上記ご参照ですも。
種別:インドカレー及びナン並びにビリヤニ等。

接客 :★★★★★
┗通っていたら覚えられて、気持ちの良い接客をしていただけるような感じ。
満足度 :★★★★☆

 再訪問。
 2021/4月下旬〜5月上旬にかけて頻繁に立ち寄りぬ。
 当該期間は、ほぼ、第三次緊急事態宣言発令下にあり、同店「ロイヤルインディアンダイニング」以外のお店がほぼ休業してしまっていたものでありますも。
 このような状況下において、営業していただけていることに感謝でありますも。

 しかもおいしい。
 しかも覚えられてなんかいい感じの接客(´ω`)

 複数回まとめて記事にしますも。
<フィッシュティッカ>
ロイヤルインディアンダイニング(六本木一丁目)フィッシュティッカ@202104.jpg

ロイヤルインディアンダイニング(六本木一丁目)フィッシュティッカA202104.jpg
 「カジキマグロのスパイシーな炭焼き」。
 私はカジキマグロが大好きだ。
 ジューシーながらカリカリ感もあり、すごくおいしいですも。

<ジーラライス>
ロイヤルインディアンダイニング(六本木一丁目)ジーラライス202104.jpg
 「インドの最高級米を使った白いご飯」。
 白いご飯ではない気がするけれどw
 前回の記事において、ジーラライスにしておけばよかった的な感じだったので発注。
 クミン先輩の香味がおいしいです。
 カレーとの相性もすばらしみ。ですも。

<マトンドピアザ 中辛>
ロイヤルインディアンダイニング(六本木一丁目)マトンドピアザ 中辛@202104.jpg
 「羊肉と玉ねぎをスパイスで調理したもの」。

 玉ねぎ、とのことですが、ブログ主の感覚では、ピーマンがすばらしいカレーのはず・・・ですも。
 実際、ピーマンがこれは美味極まれり;;;

 そして羊肉が思いの外やわらかくてすばらしみですも。
 羊肉って、けっこう固かったりする場合が多い気がするのですが、同店「ロイヤルインディアンダイニング」さんの羊肉はマトンドピアザに限らずやわらかくて食べやすいですも!

<ブナマトン 中辛>
ロイヤルインディアンダイニング(六本木一丁目)ブナマトン 中辛202104.jpg
 「マトンとピーマンをスパイスで炒めたカレー」。
 まさしくその通りでしたw
 マトンドピアザとの差異はあまり意識しませんでしたので、よくわからないですw
 いずれも非常においしいですん;;;;

<ラムビリヤニ+ライタ>
ロイヤルインディアンダイニング(六本木一丁目)ラムビリヤニ@202105.jpg

ロイヤルインディアンダイニング(六本木一丁目)ラムビリヤニA202105.jpg
 「サフランライスと羊肉をスパイスで調理したインド風チャーハン」。
 なんというか、“インド風チャーハン”というより、“チャーハンに似たインド料理”だと思うのですもw
 程よい酸味とスパイスの深い味わい、そして相変わらず柔らかい羊肉が絶妙;;;
 きちんとインド米によるビリヤニ。この独特の食感、いいぞいいぞ。

 以下はライタ。
ロイヤルインディアンダイニング(六本木一丁目)ビリヤニ付属のライタ202105.jpg
 インドのヨーグルトサラダ、とのことで、「エリックサウス(永田町)インドカレー等」でもビリヤニとともに供されたものでありますも。
 すっぱくてブログ主的にはちょっと苦手|・ω・)

<ヌアリカバブ>
ロイヤルインディアンダイニング(六本木一丁目)ヌアリカバブ@202105.jpg

ロイヤルインディアンダイニング(六本木一丁目)ヌアリカバブA202105.jpg
 「ガーリック味の骨無しチキンの炭焼き」。
 周りにピーマン?らしきものがくっついているようでしたが、程よいニンニクみとやわらかいチキンがおいしゅうございましたも。

<カダイパニール 中辛>
ロイヤルインディアンダイニング(六本木一丁目)カダイパニール 中辛@202105.jpg

ロイヤルインディアンダイニング(六本木一丁目)カダイパニール 中辛A202105.jpg
 「インドチーズとピーマンをスパイスで炒めたカレー」。
 チーズは四角っぽい感じにカットされた状態で投入されており、カレーのスパイシーな味わいとの相性は最高でありますも。
 加えてまたピーマン。これがもうすばらしいのでありますも(`・ω・´)ゞ

<カシミリナン>
ロイヤルインディアンダイニング(六本木一丁目)カシミリナン@202105.jpg

ロイヤルインディアンダイニング(六本木一丁目)カシミリナンA202105.jpg
 「ココナッツなどの入った甘いデザートナン」。
 ざらざらしたココナッツの入ったナン。説明通りですもw
 もちもちのナンと、甘いココナッツの逸品。
 そこそこボリュームもあるので、これだけでもおいしく十分ともいえましょう(´ω`)

<バターナン>
ロイヤルインディアンダイニング(六本木一丁目)バターナン@202105.jpg

ロイヤルインディアンダイニング(六本木一丁目)バターナンA202105.jpg
 バターの風味及び甘みとナンのモチモチ感が良さみが深いですも。
 パリパリみな焼き加減だった気がしますが、もちもちみを強調されると個人的にはもっとうれしみ深いですも。


↓202101訪問時のメニュー等↓
ロイヤルインディアンダイニング(六本木一丁目)メニュー@202101.jpg

ロイヤルインディアンダイニング(六本木一丁目)メニューA202101.jpg

ロイヤルインディアンダイニング(六本木一丁目)メニューB202101.jpg

ロイヤルインディアンダイニング(六本木一丁目)メニューC202101.jpg

ロイヤルインディアンダイニング(六本木一丁目)メニューD202101.jpg

ロイヤルインディアンダイニング(六本木一丁目)メニューE202101.jpg

ロイヤルインディアンダイニング(六本木一丁目)店先202101.jpg

『独立食事人のお食事報告書』メイン.png署名案A.png


posted by まゆつば at 07:03 | Comment(0) | ■南北線沿線
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。