<かんたんジャンル別アクセス>
ラーメンうなぎなう。カレー
うみゃああああ!中目黒先輩殿

2021年07月13日

【★5】なかご(赤坂見附/永田町)

なかご(赤坂見附/永田町)純粋豚そば(醤油)@202107.jpg
「なかご」
店舗:赤坂見附/永田町
写真:「純粋豚そば(醤油)」
種別:特別なとんこつ(淡麗で上品なスープ)
WEBFBページインスタアカウント

   :細麺
接客 :★★★☆☆
満足度 :★★★★★
久々のうみゃああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああ!!!!
チャーシュー:いける
店舗住所:東京都港区赤坂3丁目16番3号 伊勢幸ビル1F


 2021年7月、会計士の先生方と訪れぬ。
 永田町を起点として当該領域を活動フィールドにしている場合が多かったものの、赤坂見附等の極めてラーメン熱の熱い領域のラーメン開拓が遅々として進んでこなかった。当ブログの原点に立ち返り、今後は意図してラーメンの積極的な開拓を再開したい(願望)。


 まずは同店「なかご」。お店のPR情報的に、
「透き通った豚骨スープの「純粋豚そば」は醤油・塩・のどぐろを展開しています」
「透き通った豚骨スープの繊細で上品な味わい。是非ご堪能ください。
赤坂駅・赤坂見附駅から徒歩3分。極限まで研ぎ澄まされた濁りのない清らかな豚骨スープを、厳選されたトッピングと一緒にお楽しみください」
等と、かなり興味深い内容でありましたも(´ω`)

 ラーメンの見た目は、とんこつラーメンとは思えないほどの透き通り具合でありますも(´ω`)
こってりこてこてに奥手になってしまったブログ主的には、非常に魅力的に映りましたも(´ω`)

 あえて言おう、
うみゃああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああ!!!!であると!!


■注文は食券制。
お店の外観は、ロゴマークの付いたのれんが印象的ですも。
なかご(赤坂見附/永田町)店先@202107.jpg


 まずは基本となるとみられる「純粋豚そば(醤油)」を発注。
 10分程度で着丼す。
なかご(赤坂見附/永田町)純粋豚そば(醤油)@202107.jpg

なかご(赤坂見附/永田町)純粋豚そば(醤油)A202107.jpg
 なんという美しさ・・・;;;;;;
 まさかの“いくら”on ラディッシュ!?及びオクラ!?
 やばたにんえんんんんんんんんんんんんんんんんn

 スープは透き通っているですもぉ;;;;
 とんこつといいながら淡麗な、新しい豚骨ラーメンの世界を見たですもおおおおおおおおおお;;;;

 ラディッシュの上のまさかのいくら、これはスープと一緒にいただくと、スープの塩味と完璧なマリアージュを見せてくれるですもおおおおおお;;;;;; 
 一杯の芸術として既にやばたにえん。


 塩味のやや強めの澄んだスープは、確かに豚骨だと思うのですが、鶏ベースであるかのような端麗かつ上品な味わいで、ほのかなコンブのような風味も相まって、相当に完成度の高い逸品でありますも|´;ω;`)
 くさみは全くないですも。これが!!!!純粋な!!!!!とんこつッッッッッッッッ!!!!!!
もううみゃああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああがねええええええええええええええええええ!!!!

 このおいしみは「銀座 八五(築地/新富町)」以来の衝撃と言っても過言ではないのではないでしょうかも?


 チャーシューは柔らかく、脂身の多めの印象ですが、これもやはたらめったらこってりというものではなく、脂身が多いのにあっさりしているかのような感覚を覚えた上質なチャーシューでありますも;;;; 塩味強めのスープとの相性が抜群、と言わざるして何と言いましょうか;;;;

 麺は細麵。固めで歯ごたえ良く、スープとの組み合わせも最高ですも;;;;;
うみゃああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああ!!!!


 卓上調味料は以下のように。
なかご(赤坂見附/永田町)卓上調味料202107.jpg
 ニンニク等でありましたが、純粋豚そばはそのままいただくべきと判断し、味変は行いませんでしたも。

 完☆飲・・・・;;;;;;


 ・・・ここで、メニューに記載されている「「純粋豚そば」とは」を確認しておきましょう(`・ω・´)ゞ
「他の動物の骨を一切使わず厳選された豚の骨のみを使用し、余計な脂を限りなく取り除く事により、雑味の無い旨味を最大限に引き出した、濁りの無い透き通った豚骨スープです。」とのことですも;;;;

「刀身の柄に被われている部分を「なかご」と言います。
刀鍛冶はその見えないところに魂を込める事から料理としてなぞらえました。」

 なるほど。
 同店との出会いは、公認会計ざむらいの先生方が導いてくだすった運命ということでありますかも(´ω`)


 再訪問不可避ざむらい。
 次回は「純粋豚そば(塩)」か「純粋豚そば(背脂焦がし醤油)」か、はたまた「のどぐろ出汁の豚そば(数量限定)」か。

 ごちそうさまでしたも。


↓202107訪問時の写真↓
なかご(赤坂見附/永田町)メニュー@202107.jpg

なかご(赤坂見附/永田町)メニューA202107.jpg

なかご(赤坂見附/永田町)メニューB202107.jpg

なかご(赤坂見附/永田町)メニューC202107.jpg

なかご(赤坂見附/永田町)食券機202107.jpg

なかご(赤坂見附/永田町)店先A202107.jpg

なかご(赤坂見附/永田町)みせさきメニュー看板202107.jpg

なかご(赤坂見附/永田町)みせさきメニュー202107.jpg

なかご(赤坂見附/永田町)店先@202107.jpg

なかご(赤坂見附/永田町)店先の提灯202107.jpg

『独立食事人のお食事報告書』メイン.png署名案A.png


posted by まゆつば at 15:09 | Comment(0) | ■永田町〜国会議事堂前周辺
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。